セカンドライフのルールとマナー

セカンドライフのルールとマナー

セカンドライフの仮想世界には、
リアル社会と同じように守るべきマナーもありルールもあります。


基本的なルールは、リアル社会と同じだと考えて
他人に迷惑をかけてはいけないということです。

セカンドライフは「オンラインゲーム」というよりも
「仮想現実」といわれてますので、
現実のルールとマナーを考えるといいと思います。


セカンドライフは他のオンラインゲームに比べて、
ルールを守れない人には厳しいそうです。

ルールやマナーを守れない人は、その土地から「BAN」(追放)されます。また、セカンドライフを管理運営しているリンデン社により、アカウント自体を削除されることもあります。


セカンドライフで禁止されていること
セカンドライフが定めた「Big Six」と呼ばれる6つの禁止事項があります。


Big Six:6つの禁止事項

1、Intolerance - 人種や宗教、性別などへの差別行為
(特定の個人やグループを中傷してはいけない)

2、Harassment - 脅迫やセクシャルハラスメントなどの行為
(迷惑行為・いやがらせをしてはいけない)

3、Assault - 非戦闘エリアでの、相手に同意を得ないまま行う攻撃行為
(合意なき武器使用の禁止)

4、Disclosure - 公開されていない個人情報の暴露行為
(プライバシーを侵害してはいけない)

5、Indecency - アダルト表現が制限されているエリアでの破廉恥な行動
(下品な行動の禁止PGエリアでは過激・下品・性的表現は禁止しています)

6、Disturbing the Peace - スパムの送信、イベントの妨害などの迷惑行為 (平和を妨げてはいけない )

これらを守れないユーザーはBAN(追放)の対象となります。


その他の主な禁止事項
セカンドライフのすべての土地には所有者がいます。
他人の土地で勝手に物作りをしたり、他人の土地にオブジェクトを放置してはいけません。

※物づくりをするときは、自分やグループの土地か、
製作が認められている場所(サンドボックス)を利用しましょう。

MatureとPG
各土地は所有者によって、「Mature」 か「PG(Parental Guidance)」の指定がされています。上メニューの右にある土地名のところに、M(Mature)やPGという記述があるのでわかります。

Mature
比較的規制の少ないゲーム感覚に近いエリアです。規制が少ない分、治安が悪くなることがあったり、その土地特有のルールがあったりします。この土地でも一般常識や、Big Sixは守らなければいけません。

PG(Parental Guidance)
リアルと同じ常識に基づいた行動を求められるエリアです。性的表現や暴力表現、武器の使用などは禁止されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42018970

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。