セカンドライフ否意見その1空騒ぎ?

「SecondLifeの何が面白いか分からない」という声を最近聞きます。
SecondLifeは、昨年から日本でも話題の、
米国発のネット上の3D仮想空間です。


昨年末ごろから国内の新聞やテレビで取り上げられるようになりました。
古書店「BOOKOFF」が支店を出したりmixiが採用オフィスを構築するなど、
日本企業も続々と参入を始めています。

でも日本人の登録ユーザー数は多く見積もっても10万人以下と見られ、
一度登録しても「ソフトの起動ができなかった」「操作が難しすぎる」
「何をしていいか分からない」などという理由ですぐにやめてしまう
というユーザーが多いそうで盛り上がっているのは
メディアと企業とごく一部のユーザーだけで、
最近の過熱報道は、“空騒ぎ”にも見えるとの意見。


SecondLifeが「すごそうに見える」理由

SecondLifeは、米LindenLabが2003年に正式公開した3D仮想空間ですが
自分のアバターを操作して3D空間を探検できる仕組みはMMORPGに似ていますが、
特定の目的はなく、何をするのもユーザーの自由。

アバターデザインから住む場所、乗り物、動作、参加するコミュニティーなどを、
自由に選んだり作ったりできます。

専用のクライアントソフトには3Dモデリングツールが組み込まれており、
アイテムや洋服、建物、楽器など何でも作ることができる。
アバターの動作や乗り物の動きを自由にプログラミングすることも可能だ。

ゲーム内通貨「リンデンドル」(L$)は現金(米ドル)に換金できるため、
ゲーム内で商売してお金を稼ぐと、実社会でもお金持ちになれる。

自作のアイテムを売ったり、土地を切り売りしたり、
サービスを提供して対価を稼いだりと、ビジネスの可能性はさまざま。

SecondLife内の土地売買でリンデンドルを稼ぎ、
米ドル換算で100万ドル以上を手に入れたユーザーが出現したことも昨年話題になった。

こうした特徴がリアルビジネスに生かせると踏んだ米国企業は、
昨年半ばごろから次々にSecondLifeに参入し、
プロモーションやマーケティング活動を展開してきた。
日産自動車、トヨタ自動車、BMWといった自動車メーカー、
Reutersなどメディア、SonyBMGなどレコード会社、
IBMやSunMicrosystemsといったIT系等
参入企業の業種は実にさまざまだ。


米国の有名大学による仮想キャンパスも複数あり、
カリフォルニア州立大学やカリフォルニア大学ロサンゼルス校などが
実際に授業やセミナーを行っている。

米国でのこうした盛り上がりが米国メディアを通じて国内に伝わり、
昨年末ごろから、国内のIT系・経済系メディアでも報道されるようになった。
LindenLabが「日本語版を近く公開する」と昨年から言い続けていたこともあり、
日本語版への期待も相まって報道が過熱。


今年に入って一般紙や雑誌、テレビなどでも
「Web2.0の“次”のサービス」などとして紹介されるようになり、
国内企業も参入し始めています。

前出のブックオフやミクシィのほか、
電通がデジタルハリウッド大学院と研究所を発足させたり、
東芝EMIも楽曲プロモーションで利用すると表明するなど、
大企業による参入も相次ぐいでいます。

でも・・・

ユーザー数、世界合計でもmixi未満

メディアの報道と企業の参入が先行して盛り上がっているSecondLifeだが、
日本どころか世界でも流行しているとは言い難い。
全世界の登録ユーザー数は、3月7日現在で約436万。
これは、国内ローカルサービスである
mixiの登録ユーザー数800万(1月28日現在)にも遠く及ばない。

全登録ユーザーのうち、60日以内にログインしたユーザー数は約160万と、
36%にとどまる。オンラインのユーザー数は常時2万人弱〜3万人弱程度と、
全登録ユーザーの1%未満。

「ラグナロクオンライン」のピーク時の最大同時接続数が
70万を超えていたことを考えると、
世界的に見てもそう大きいサービスとは言えなくなる。

日本人ユーザーに限定すると、さらに寂しい状況だ。
LindenLabが2月9日に発表した1月時点でのSecondLifeの国勢調査によると、
全登録ユーザー311万7287のうち、日本人は1.29%・約4万という計算だ。

(3月27日では6万人とのこと)

増加を見積もって現在の日本人ユーザー数を6万と仮定し、
アクティブ率を世界全体と同じ36%と仮定すると、
日本人アクティブユーザーは2万程度。
オンラインのユーザーはワールドワイドより多めに見積もって1%としても、
たった600人に過ぎない。

報道の過熱ぶりや大企業による派手な参入による“盛り上がり感”に反して、
SecondLifeの日本人ユーザーはかなり少なく、とても流行しているとは言えない。
ここまで期待されながら、なぜ盛り上がらないのだろうか。
実際にプレイしてみると、その理由が見えてくる。

との事です
次回は流行らない理由を書きます。

参考はイザニュースより
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/42291/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43148828

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。