セカンドライフの記事カテゴリの記事一覧

セカンドライフに企業が続々と

「セカンドライフ」に続々名乗り 三越とトランスコスモス


三越は20日、インターネット上の3次元(3D)仮想空間「セカンドライフ」に出店すると発表した。「三越セカンドライフ店」の名称で、7月19日にオープンする。日本の百貨店の出店は、三越が初めて。セカンドライフは、新たなマーケティングや電子商取引の場として企業などから注目され、三越は「顧客との接点を増やし、楽しんでもらうことで、オンラインショップサイトや実際の店舗への誘導を図りたい」としている。

三越は、セカンドライフの日本語エリアに同社前身の越後屋呉服店をイメージした約1万平方メートル相当の店舗を作る。来店客には、アバターと呼ばれる分身キャラクターが身に付ける越後屋印の陣がさや扇子、はっぴなどを無料配布する。
 セカンドライフは、米リンデン・ラボが創設。参加者はアバターを通じて他人と会話したり、仮想通貨「リンデンドル」を使い、モノを売買することができる。
 三越は当面、リンデンドルを使った物販はしないが、今後検討していく予定。初年度の来場者は12万人と見込み、セカンドライフ経由のオンラインショップでの売り上げ目標を4000万円としている。


■トランスコスモスも
 「仮想空間に人材を派遣します」。トランスコスモスは20日、米ネット企業のリンデンラボが運営する仮想電子空間「セカンドライフ」上に出店した企業に、受付や説明員などのアバター(利用者が操作できる分身)を派遣するサービスを開始したと発表した。企業の出店形態に応じたさまざまなアバターを用意し、これらを「派遣」する。アバターを派遣するサービスは他に例がないとみられ、今後注目を集めそうだ。
 セカンドライフは、ネット上の仮想空間内で利用者がアバターを通じて他の利用者と交流したり、仮想通貨で買い物などを楽しめるオンラインゲーム。現在、全世界で約600万人の利用者があり、その人気に注目した企業が相次いで仮想空間内に“進出”し、自社製品のPRなどを行っている。

 ただ、建物を用意しても対応する説明員などは用意していないケースが多く、利用者の満足低下や営業妨害行為を行うアバター出現の危険性などが指摘されていた。

 トランスコスモスは当面、5月に開始したセカンドライフへの企業進出支援サービスの一環として行うが、利用状況によっては人材派遣のみのサービスも検討するという。同社は企業に代わって顧客対応などを行うコールセンター業務も手がけており、セカンドライフでの新サービスもそのノウハウを活用する。

仮想世界に企業が進出するのは宣伝になる一つの手段ですが
現実をもっと大切にしないとね

由緒有るカンバンが軽くならないかい三越さん。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/58199/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。